更年期障害の対処法は個人差が大きいからこそ正解は複数ある

更年期障害が発生する時期は、卵巣から分泌される女性ホルモンのうちエストロゲンの分泌量減少が急激起こった時期と重なります。
閉経期を挟んだ前後5年ずつが更年期障害の時期と重なるので、更年期障害が始まったら10年間を平穏に過ごす工夫をすべきです。

更年期障害の起こり方は、症状だけでなく程度にも違いが表れるので、中には全く更年期障害が発生しない人もいます。

エストロゲンの急激な減少により、ホットフラッシュや動悸などが起こる直接の原因は、自律神経が乱れることです。
脳が疲れていたり混乱している状態が起きる状態を改善する対処法が、症状緩和に繋がります。

エストロゲンを直接注射により補うホルモン療法・更年期対策サプリメントの服用・漢方薬の服用といった対処法の中から、自分に合った方法を探せば良いわけです。

ホルモン療法を行うと、急激に発生していた更年期障害を無くすことが可能ですが、同時に乳がんリスクが発生することが知られています。
エストロゲンの分泌量が卵巣にて急速に落ちることが原因ならば、不足分をホルモン注射で補い減少幅を緩やかにすれば良いわけです。

しかし、ホルモン療法のみに頼ると乳がんリスクの高さに怯える結果となるので、基本的には更年期対策サプリメントや漢方薬により体質改善を行うことが望ましいです。

更年期対策サプリメントには、大豆イソフラボンのようにエストロゲンに似た働きをする成分が含まれています。
直接エストロゲンを外部から注射するよりも、食品の中からエストロゲンに似た成分を摂取すれば、視床下部の下垂体が卵巣に対してエストロゲン分泌命令を過剰に出しすぎて疲れてしまうことを避けられるわけです。

漢方薬の中には、自律神経を整える役割だけでなく、エストロゲンに似た役割を果たす生薬が配合されている処方もあります。
医師による診断を受けて、オリジナル処方を行ってもらえれば、本人にしか分からない更年期障害を激しい症状から緩やかな症状に緩和出来ます。