更年期障害による動悸の原因と対策

更年期障害による動悸の原因

更年期障害の症状はいろいろなものがあります。
その中で、動悸や息切れも代表的な症状の一つです。
更年期障害の動悸の原因は、ホルモンバランスの乱れによるものです。
ホルモンバランスが乱れることにより自律神経がうまく働かなくなり、急に心臓がどきどきして止まらなくなったりするのです。

更年期障害による動悸の特徴

だれでも、激しい運動をしたときには心臓が大きく脈打ちますよね。
これはとても自然な体の反応です。
しかし、更年期障害の動悸は、特別な運動をしていない時でも発症するというのが特徴です。

  • じっとしているときでも急に動悸がする
  • ベットに入って眠ろうとすると心臓がどきどきする
  • 運動をしていないのに動悸が止まらない

このような症状が現れたら、それは更年期障害を疑ってみましょう。

更年期障害の動悸が起きた時の対処法

更年期障害として動悸がおこったら、まず、パニックにならないことが大切です。
気持ちを落ち着かせるためには大きく深呼吸してみましょう。
下手に慌てると、ますます呼吸がしにくくなることがあります。
大きく息を吐き、吸って、気持ちをリラックスさせるようにします。

他の疾病で動悸が起こることも

ただ、更年期の女性でも、その他の疾病が原因で動悸が起こるケースもあります。
ですので、何か異常だと感じたら、できるだけ早く信頼できる医師に相談してみましょう。

更年期障害対策はできることから

更年期は誰にでもやってくるものです。
しかし、更年期障害には人それぞれ個人差があります。
更年期障害に備えて、生活習慣や食事から、対策を行うことも必要かもしれませんね。
また、すでに更年期障害の症状で悩んでいる人は、更年期対策のサプリメントも販売されています。
これらは手軽に利用できるものが多いので、検討してみてもよいかもしれません。